宮崎・高千穂の住宅で6人の遺体 殺人容疑で捜査=堀英治撮影
[PR]

 26日午前11時ごろ、宮崎県高千穂町押方の農業、飯干保生(いいほしやすお)さん(72)方で、男女計6人が死亡しているのを、警察官が見つけた。6人は、小学2年の女児を含む飯干さんら家族とその知人と判明。刃物による傷があり、県警は殺人事件と断定した。

 また同日午後4時ごろ、町内の五ケ瀬川で遺体が見つかった。捜査関係者によると、この家に住む次男の会社員昌大(まさひろ)さん(42)の可能性が高いという。現場の状況から自殺とみられ、県警は昌大さんが6人の死亡について何らかの事情を知っていたとみて調べる。

 捜査1課によると、一家は6人暮らしで、飯干さんと妻の実穂子さん(66)、昌大さん、昌大さんの妻でパート従業員の美紀子さん(41)、昌大さんの長男で建設会社従業員の拓海さん(21)、小学2年の長女唯さん(7)。

 県警は、住宅で見つかった6人の身元について、昌大さんを除く5人と、昌大さんの知人で同県五ケ瀬町鞍岡に住む農業松岡史晃さん(44)と確認し、27日未明までに発表した。今後、司法解剖で死因を調べる。

 捜査関係者によると、松岡さんは、昌大さんの家庭内トラブルをめぐり飯干さん方を訪ねていたという。

 26日午前10時20分ごろ、「実家に電話をしたが連絡がつかない」と、高千穂町外に住む親族から警察に連絡があった。警察官が駆けつけると、敷地内の屋外で実穂子さんとみられる女性が、家の中で5人が倒れていた。

 その後、町内の神都高千穂大橋の近くで昌大さんの軽乗用車を発見。周囲を捜索したところ、橋のほぼ真下の川で遺体が見つかったという。県警は27日午前から遺体を引き上げる予定。

 現場は高千穂町役場から南西約3・5キロの山あいの集落にある。遺体が見つかった川の下流には、観光名所・高千穂峡がある。