[PR]

 同性カップルの「パートナーシップ」を認める自治体が増え、同性婚賛成派は反対派を上回る。だが、法的に結婚を認める道筋は見えない。結婚にこだわらない愛もあるけれど、選びたくても選べないのは……?ゲイの弁護士カップルを主人公にした映画「愛と法」を撮った映画監督の戸田ひかるさん(35)は、同性婚に反対する意見は「矛盾だらけ」に見えると話します。

 大阪で暮らすゲイの弁護士カップルの日常と、彼らが担当するさまざまな裁判の舞台裏について、ドキュメンタリー映画を撮りました。二人は結婚式を挙げた「夫夫(ふうふ)」です。共同事務所を立ち上げ二人三脚で仕事をし、家では料理や食器洗いなど家事を分担しながら暮らしています。

 どこにでもいそうな共働きカップルの日常です。しかし日本では、同性同士であるというだけで、二人は法律上の結婚はできません。

 この映画を撮るため、3年前に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも