[PR]

 歴史を正面から見すえよう。過ちを繰り返さないために――。市民団体や個人でつくる「南京の記憶をつなぐ」実行委員会が今年も2日、大阪市中央区のエル・おおさかで映画祭を開く。南京大虐殺の記録映画など4本を上映する。

 映画祭は3部構成。①南京大虐殺を生きのびた「幸存者」らを取材し早世したジャーナリストを描いた「アイリス・チャン」(10時)②虐殺を告白した元日本兵を追った「南京の松村伍長」と、11歳時のレイプ被害の訴えを収めた「証言者 張秀紅」(12時40分)③加害と被害の双方から聞きとった「南京・引き裂かれた記憶」(14時15分)を上映する。①の上映後には紫金草合唱団による合唱朗読がある。

 各部入れ替え制で、単券は800円、1日通し券は前売り1500円(当日2千円)。実行委(090・8125・1757)へ。

■現地100回訪ね「痛み忘れな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら