[PR]

 宮崎県高千穂町の住宅で住人の農業、飯干保生(いいほしやすお)さん(72)ら男女計6人の遺体が見つかった事件で、飯干さんらが殺害されたのは発見前日の25日午後以降の可能性が高いことが、県警などへの取材でわかった。亡くなった人のうち、2人は25日まで一緒に県外へ旅行していたという。

 捜査1課によると、飯干さん宅で暮らしていたのは、飯干さんの妻の実穂子さん(66)▽次男の木材会社員昌大(まさひろ)さん(42)▽昌大さんの妻でパート従業員の美紀子さん(41)▽昌大さんの長男で建設会社従業員の拓海さん(21)▽小学2年の長女唯さん(7)の6人。住宅で見つかった遺体は、昌大さんを除く5人と、昌大さんの知人で同県五ケ瀬町鞍岡の農業、松岡史晃さん(44)と判明している。

 昌大さんの勤務先の木材会社社長によると、昌大さんは妻美紀子さん、長女唯さんとともに、24日から1泊2日で熊本・阿蘇への社員旅行に参加。25日午後3時半ごろ会社に戻り、解散した。家族で「来年もまた行きたい」と話していたという。翌26日朝、昌大さんは初めて無断欠勤し、連絡が取れなくなった。その後、同日午前11時ごろに美紀子さんらの遺体が見つかった。

 捜査関係者によると、昌大さんは人間関係をめぐってトラブルを抱えていた。死亡した松岡さんは25日、このトラブルに対応するため飯干さん方を訪れたとみられるという。翌26日午前11時すぎに、松岡さんの父親から「息子が昨日から帰っていない」と高千穂署に相談が寄せられた。こうした経緯から県警は、6人が25日午後以降に殺害されたとみている。

 県警は27日午前、飯干さん宅…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら