[PR]

 長崎県の中村法道知事と長崎市の田上富久市長は27日、旧県庁舎跡地(長崎市江戸町)に市の旧公会堂に代わる新しい文化芸術ホールを整備する考えを、それぞれの議会で正式に表明した。今後、議会の意見を聞きながら整備の方針を決める。1月の県庁移転後、ようやく跡地活用の具体的な検討が始まる見通しとなった。

知事「歴史的に重要な土地」 市長「県と共通認識を確認」

 旧県庁舎跡地をめぐっては、約1万3千平方メートルの敷地に、県が「にぎわいを創出する広場」「交流・おもてなしの空間」「質の高い文化芸術ホール」の三つの機能を整備する方向性をまとめ、跡地を利用したい長崎市と協議してきた。

 この日、中村知事は県議会で、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら