[PR]

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、社員の同性パートナーを配偶者として認め、福利厚生面で異性のパートナーと同様に扱う制度を導入する。国内のグループ社員約6万人が対象で、早ければ12月にも実施する。

 同社のパートナーシップ登録書に記入し、配偶者として会社に届け出ると、家族向けの社宅の入居、慶弔見舞金の支払い、6日間の結婚休暇取得などの対象になる。これまでも社員からの申し出があれば同様の対応をとってきたが、今後は社内規定に盛り込むなどして制度化する。これまでにパートナーシップを認めた件数について、同社は明らかにしていない。

 コーポレート広報部の担当者は「グローバルカンパニーとして社員の背景を理解し、全ての社員が安心して長く働ける環境をつくりたい」と話している。

 同種の制度は日本IBMや楽天などが導入している。(棚橋咲月)