[PR]

 宮崎県高千穂町押方の住宅で、住人の農業飯干保生(いいほし・やすお)さん(72)ら男女6人が死亡していた殺人事件にからみ、県警は27日、町内の川で見つかった遺体について、同居する次男と確認したと発表した。自殺とみられ、県警は次男が6人の死亡に関わった可能性があるとみて調べている。

 次男が女性関係をめぐって妻とトラブルになっていたことも、捜査関係者への取材で新たに判明。飯干さん宅で見つかった6人のうち次男の知人男性は、その仲裁のために25日夜に呼ばれ、事件に巻き込まれたとみられるという。

 捜査1課によると、飯干さん宅で暮らしていたのは、妻の実穂子さん(66)▽次男の木材会社員昌大(まさひろ)さん(42)▽昌大さんの妻でパート従業員の美紀子さん(41)▽昌大さんの長男で建設会社従業員の拓海さん(21)▽長女で小学2年の唯さん(7)の計6人。遺体は昌大さんを除く5人と、昌大さんの知人で同県五ケ瀬町鞍岡の農業松岡史晃さん(44)と判明している。

 捜査関係者によると、実穂子さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら