[PR]

 ワシントン条約で国際取引が規制されているコツメカワウソを6月にタイから密輸したとして、警視庁が10月、男2人を外為法違反(無承認輸入)容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。ほかにもコツメカワウソが羽田空港から持ち込まれそうになる事件が10月にあり、同庁が捜査している。

 コツメカワウソは東南アジアなどが原産。警視庁は、人気の高まりを背景に、転売目的での密輸が横行しているとみている。

 捜査関係者によると、10月24日に逮捕されたのは、守田和仁(52)と安田勇輔(22)の両容疑者。2人は6月、タイからコツメカワウソの子ども3匹をキャリーケースに隠して航空機に持ち込み、経済産業相の承認を得ずに密輸入した疑いがある。守田容疑者がタイから成田空港へ運び、空港で安田容疑者に引き渡したという。2人は11月14日に同法違反罪で起訴された。

 購入を持ちかけられた東京都内の店からの通報で発覚した。安田容疑者が6月23日に瀕死(ひんし)状態の2匹を店に連れてきたが、警視庁の捜査員がその場で保護。2匹は回復したが、持ち込まれた3匹のうち、残る1匹の行方はわかっていない。

 10月上旬には、羽田空港で同様に密輸されそうになっていたコツメカワウソの子ども5匹が税関職員に発見された。2匹はすでに死んでおり、さらに2匹もすぐに死んだという。警視庁は密輸未遂事件とみて、関税法違反の疑いで捜査している。