【動画】リニューアルされた水木しげるロードの妖怪影絵=高橋大作、井手さゆり撮影
[PR]

 昭和の終わりごろ、幼かった記者は、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディングテーマの背景に映し出される妖怪画が恐ろしすぎて、しばらく夜に一人でトイレに行けなくなった。怖い物見たさから鬼太郎のファンになって31年。夜の水木しげるロードは、期待した以上に新鮮で、どこか懐かしかった。

 約800メートルの道には現在177体の妖怪ブロンズ像がある。立ち止まらずに歩くと、4秒に一体のペースで妖怪たちとすれ違う。

 日没を過ぎると、そのブロンズ像の隙間を埋めるように妖怪影絵が現れた。

 午後6時ごろ。闇が深まり、影…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース