[PR]

 2016年の米大統領選の民主党候補者指名争いでヒラリー・クリントン氏と最後まで争ったバーニー・サンダース上院議員(77、無所属)は、25日に公開されたニューヨーク・マガジン誌のインタビューで、20年の大統領選への立候補に意欲を示した。

 サンダース氏は「もし私がトランプ大統領を倒すベストの候補者であるなら、おそらく立候補する」と述べた。一方で、「私は別に、親から『大統領になるのよ』と言われながら育った大金持ちの息子ではない。『大統領になるぞ』という闘志を燃やしながら毎朝起きているわけでもない」とも語り、大統領職に執着しているわけではないと強調した。「私よりも優れた仕事をできる人が他にいるなら、その人が選ばれるために馬車馬のように働く」とも語った。

 サンダース氏はクリントン氏と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら