[PR]

 日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)が巨額の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとして逮捕された事件で、直近の2017年度の報酬が、開示制度の導入後で最高の約25億円に上る疑いがあることが、関係者への取材でわかった。

 17年度の報告書で開示されたゴーン前会長の報酬は前年度比33%減の約7億3千万円。17年4月に社長兼最高経営責任者を退き、大幅に減額されたとされていた。取締役の報酬総額が、同年度は株主総会で決議した上限を超えていた疑いも判明。東京地検特捜部は特に悪質とみている模様だ。

 立件対象になるとみられる2010~17年度の8年間の虚偽記載容疑の総額は計90億円近くになる可能性が出てきた。

 関係者によると、ゴーン前会長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら