[PR]

 「じいじ、これなあに?」

 東京都世田谷区の陶芸家、辻厚成(こうせい)さん(75)は昨夏、自宅に遊びに来た孫の力太君(6)から尋ねられた。振り向くと、アトリエにあった小さな木彫りの犬を握りしめている。

 「これは有名な犬だよ。大じいじが世に広めたんだ」

 辻さんが教えると、すぐにまた、「大じいじって?」と聞かれた。笑みを浮かべ、答えた。

 「じいじのお父さんさ」

 辻さんには、父との記憶がない。幼いころ、父母が離婚したからだ。父との対面を橋渡ししてくれると言う人もいたが、父の方が会うことを拒んだと聞いた。冷たい人だと思った。父はやがて再婚した。

 父は日本犬の研究者だった。話したこともない父の不在を不自由に思ったり、不満に感じたりしたことはなかった。ただ、母は父のことを生涯、「金のかせぎ方を知らない男」とそしりつづけた。木彫りの犬は母が、手元に残していた数少ない父ゆかりの品だった。

 辻さんは31歳で結婚。男の子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら