【動画】地下83メートルのリニア中央新幹線のトンネル掘削現場=西畑志朗撮影
[PR]

 2027年開業をめざすリニア中央新幹線(東京・品川―名古屋)の建設工事で、JR東海は28日、東京都品川区内の地下83メートルにあるトンネル掘削現場を公開した。リニアは都市部で地下40メートルを超える「大深度地下」を走行する計画で、この部分が公開されたのは初めて。

 公開されたのは、始発駅となる品川駅から約1・5キロ進んだ場所に位置する直径36メートルの立て坑。建設中の本線トンネルを掘り進むシールドマシンの出発基地となり、完成後は換気口や非常口として利用される。

 現在、立て坑は掘り終わり、厚さ約6メートルのコンクリートが敷かれた底面では、内壁を支えるための鉄筋がトンネルとなる部分を避けながら組み上げられていた。今後、分割したシールドマシンを運び込み、地下で再び組み立て、トンネル掘削に取りかかる予定だ。(細沢礼輝)