[PR]

 プロ野球オリックスから国内フリーエージェント(FA)権を行使した西勇輝投手(28)が7日、阪神への入団を表明した。この日、大阪市内で矢野燿大監督(50)らが同席して、阪神と3回目の交渉。その後、「タイガースにお世話になります。今までにないくらい悩んだけど、決断できてホッとしている」と話した。

 西についてはオリックスが残留を要請し、ソフトバンクなども獲得に乗り出していたが、阪神以外の球団には同日に断りを入れたという。

 三重・菰野(こもの)高出身の西はプロ10年で2桁勝利を5度マークし、通算74勝。今季最下位の阪神は先発投手が防御率4・23と不振で、その強化が課題だった。谷本修球団本部長らは11月中にも2度、西と交渉し、複数年の大型契約を提示していた。矢野監督とは野球日本代表「侍ジャパン」でコーチと選手だった関係もある。