[PR]

 2025年の大阪万博が決まった。大阪で開くのは1970年に続いて2度目。そのころより世の中は格段に便利になり、万博のありがたみが薄れゆくなか、世界に何を見せるのか。3人の識者に聞いた。

谷口真由美さん 大阪国際大准教授

 「万博」と言われても、わくわくしないですね。

 1970年の大阪万博は意味があったと思います。人やモノの移動が難しい時代に、パビリオンで各国を疑似体験して世界を知ることができたから。「太陽の塔」のような訳のわからんものが残ったのも、おもしろい。でも、いまは違う。海外旅行やネットで世界中の情報を得られます。

 にもかかわらず、70年万博の衝撃を忘れられない世代が、政官財のトップになって誘致活動を進めました。その主要メンバーは男ばかり。「オールジャパン」の誘致ではなく、「オッサンジャパン」です。オッサンたちのノスタルジー(郷愁)につき合わされたくないんですよ。

他の2人の意見は
「お金があると知恵を絞ることを怠るリスクがある」。映画「カメラを止めるな!」を300万円で製作した監督上田慎一郎さんは、そう指摘します。国際日本文化研究センター教授の井上章一さんは「万博の値打ちは下がっている」としつつ、小さな幸せについて語ります。

 会場予定地の大阪市湾岸部の人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く