[PR]

 平成の間にカラオケで最も多く歌われた楽曲は――。平成最後の年末を前に、カラオケ機器大手の第一興商が自社データを集計し、楽曲・歌手別のランキングを発表した。

 同社が通信カラオケ「DAM(ダム)」のサービスを始めた1994(平成6)年4月から今年10月までのデータを集めた。最も歌われたのは2004年に発表された一青窈(ひととよう)さんの「ハナミズキ」だった。多くの歌手にカバーされ、幅広い年代から親しまれたことが大きいという。2位はMONGOL800の「小さな恋のうた」だった。男性でも女性でも歌いやすい点が人気を集めたという。

 歌手別では、浜崎あゆみさんがトップ。ミスターチルドレン(3位)やサザンオールスターズ(5位)などが続き、8位には「昭和の歌姫」と呼ばれる美空ひばりさんが入った。第一興商は「忘年会などでカラオケが増える季節。ランキングを参考に、平成を懐かしんで歌ってほしい」(広報)としている。(筒井竜平)

楽曲別ランキング

1 ハナミズキ      一青窈

2 小さな恋のうた    MONGOL800

3 残酷な天使のテーゼ  高橋洋子

4 天城越え       石川さゆり

5 チェリー       スピッツ

6 世界に一つだけの花  SMAP

7 Story      AI

8 キセキ        GReeeeN

9 I LOVE YOU 尾崎豊

10 涙そうそう      夏川りみ

歌手別ランキング

1 浜崎あゆみ

2 EXILE

3 Mr.Children

4 GLAY

5 サザンオールスターズ

6 倖田來未

7 北島三郎

8 美空ひばり

9 B’z

10 五木ひろし

※ともに第一興商調べ