写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 ゲノム編集技術を使い、人間の受精卵や精子、卵子の段階で遺伝子を改変することはどこまで許されるべきか――。世界の研究者が集う国際会議が27日、香港で始まった。安全と倫理の両面が問われる生殖医療だけに、受精卵にゲノム編集を行い、世界で初めて双子の女児を誕生させたと主張する、中国の学者の研究には批判が相次いだ。

「ゲノム編集の双子」に批判集まる

 会議は香港と米英の科学者団体の共催。中国・南方科技大(広東省深市)の賀建奎副教授が、エイズウイルス(HIV)に感染しにくい体質に変えるために受精卵にゲノム編集を行い、双子の女児を誕生させたと主張する動画が、ネット上で公開された直後の開幕となった。

 論文は出ていない。同大も、事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら