[PR]

 全日空子会社のANAウイングスで機長の飲酒が原因で乗務予定の5便が遅れた問題で、国土交通省は28日、羽田空港にある同社などに立ち入り検査に入った。全日空が報告書を提出したことを受けた措置で、検査は3日間の予定。当該の機長=諭旨退職の懲戒処分=からも話を聞くという。