千葉)「関東一遅い」養老渓谷の紅葉、もうすぐ見ごろ

稲田博一
[PR]

 千葉県市原市と同県大多喜町にまたがり、「関東一遅い紅葉」とうたう養老渓谷で木々の葉が色づき始めた。町観光協会の担当者は、今週末ごろから見ごろを迎え、12月9日ごろまで楽しめると話している。

 観光センター「大多喜町観光本陣」の高橋謙周さん(64)によると、養老川沿いの約4キロに紅葉の名所が点在。今秋の台風による塩害の被害を受けた場所もあるが、約1・5キロにわたる遊歩道の近くでは例年通りの紅葉が見られるという。

 問い合わせは町観光協会(0470・80・1146)へ。(稲田博一)