[PR]

 巨大IT企業への規制を検討する政府の有識者検討会が28日に開かれ、米グーグルと米アップルから規制への考えなどについて聞き取りをした。ヒアリングは今回で終え、年内に基本的な論点をまとめる。来年初めから具体的な制度を検討する。

 ネット通販やSNSなどを運営する「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業からの聞き取りは16日の楽天とヤフーに続き2回目。今回は、グーグルとアップルの幹部が米国から来日した。ヒアリングは公開予定だったが、両社の希望で非公開となった。

 検討会では両社に対し、取引先や消費者への透明性・公平性の確保や個人情報の取り扱い、政府が検討する規制についての考えなどについて聴いた。両社は「透明性や公平性の確保は大切だ」と認めたうえで、「イノベーション(技術革新)を阻害してはいけない」「プラットフォーマー同士の競争も激しい」などとも主張したという。

 経済産業省によると、ヒアリングへの出席要請は、「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる、グーグル、アップル、米フェイスブック、米アマゾンの4社に出した。フェイスブックは書面でのみ回答し、アマゾンはヒアリングに応じなかったという。