[PR]

 本格的な降雪シーズンを控え、県内では各交通機関が雪害対策を進めている。28日には、JRが今年1月に列車が立ち往生した教訓を踏まえた対策を説明し、高速道路では除雪車を使った訓練が行われた。

 JR東日本新潟支社は28日、記者会見を開き、雪害対策について説明した。

 今年1月にJR信越線が三条市内で約15時間半にわたって立ち往生した問題を受け、監視カメラを40台増設し72台とした。立ち往生の経験を生かし、雪があまり降らないとされる地域にも配置した。除雪車は見附駅に新たに2台配備し、車で運搬できる簡易型の除雪機械も5台導入。雪害を早めに予測し、線路を除雪する態勢を整えた形だ。

 立ち往生の問題が起きた際、J…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら