[PR]

 ハリー・ポッター魔法ワールドシリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が23日に封切られた。善悪がより明確なハリー・ポッター・シリーズとは異なり、強力な魔法を操る悪役が人々を言葉で操り、善悪の境界があいまいな世界が描かれている。より大人向けの魔法ワールドといえる本作で主演したエディ・レッドメインに聞いた。

 舞台は1920年代のパリとロンドン。第2次世界大戦の足音が静かに忍び寄る時代のなか、魔法界と現実社会の分断が進む。魔法動物の保護に熱心で、気弱だが純真な主人公のニュート・スキャマンダー(レッドメイン)は難しい立場にいる。

 「ニュートは他の世界と関わらずに済む自分の世界を作り上げている。でも、他の世界では非常に恐ろしいことが進行しており、関与せずにいるだけでは不十分な時点がきてしまう」とレッドメインは、主人公の状況を説明する。

 世界を恐ろしい方向へと導くの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら