[PR]

 福島県南相馬市の鷺内(さぎうち)遺跡で、縄文時代晩期中ごろ(約3千年前)の貯蔵穴から、クルミが大量に詰まった編みかごが見つかった。同市教育委員会が29日、発表した。市教委や識者によると、クルミが大量に編みかごに詰まった状態で見つかるのは全国で初めて。当時の木の実の保管状況がわかる貴重な発見という。

 この編みかごは縦33センチ、横20センチで底部は長方形。竹やササ類を切り裂き、編み込んで作られていた。口の部分から底部までの姿が残っており、内部に大きさがほぼそろった直径3・5センチほどのオニグルミがいっぱいに詰まっていた。

 クルミは数百個あるとみられ、市教委は、運搬か保管に使われたとみている。

 三内丸山遺跡(青森市)で出土…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら