[PR]

 看護師として勤めた県立医療療育センター(秋田市)を今春退職。10月、重症心身障害児や日常的に医療的ケアが必要な「医療的ケア児」向けの放課後等デイサービスを開業した。秋田市内初で、県内でも2カ所目だ。

 利用者には五感でさまざまな体験をしてほしいと、料理や工作教室、季節のイベントなどの開催に力を入れる。「みんな、めんけくてしょうがねえもん。生まれてからずっとがんばってきて、それで笑ってくれる。すげえよなあ」。まなざしは、いつも温かい。

 子どもが好きで、「保健室の先生」をめざして看護学校に入学。看護師になってからは、認知症の担当などを経て、2002年から障害児者の看護に携わる。

 小さく生まれるなどした赤ちゃ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら