[PR]

 プロ野球・広島のドラフト1位右腕、福井優也投手(30)と、楽天の中継ぎ右腕・菊池保則投手(29)の交換トレードが成立し、29日、両球団が発表した。

 福井は済美高(愛媛)から早大に進み、同学年の斎藤佑樹や大石達也と共に活躍。2010年秋のドラフトで福井は広島、斎藤は日本ハム、大石は西武に、1位で指名され入団した。福井は11年に8勝(10敗)、5年目の15年に9勝(6敗)と活躍したが、今季は3試合の登板にとどまった。通算成績は109試合で29勝36敗、防御率4・51。

 対する菊池は常磐大高(茨城)から07年秋の高校生ドラフト4巡目で指名され、楽天入り。スピンの利いた直球が持ち味で、主に中継ぎとして通算69試合に登板し12勝15敗、防御率4・23の成績を残している。

 福井は広島を通じ「突然のことで驚いている。ここまで育ててもらったカープとファンに、新天地で活躍している姿を見せるのが、一番の恩返しだと信じてがんばる」とコメント。菊池も楽天を通じ「一番の思い出は2013年の日本一で、今でも鮮明に覚えている。僕にとって仙台は第2の故郷。広島で心機一転、がんばる」とのコメントを発表した。

 トレードについて、楽天の石井一久ゼネラルマネジャーは「先発の層をもう少し厚くしたかった。福井は2軍でしっかり成績を残しているし、(来春の)キャンプから先発を争ってもらう」と説明。「お互いにウィンウィンの関係のトレードだ」と話した。