[PR]

 それにしても、遅い。

 会社員の男性(48)は、つきあっている彼女(46)が公園に来るのを待っていた。約束の午後4時を1時間近く過ぎていた。

 今日は何を食べようか。そんなことを考えながらかけた5回目の電話も、留守番電話だった。10月下旬のことだ。

 通りの方からサイレンが聞こえた。消防車や救急車、パトカーの赤色灯が見える。火事だろうか。「飛び降りじゃないか」。やじ馬の一人が言った。

 いやな予感がした。

 彼女とは約10年前、婚活イベ…

この記事は有料会員記事です。残り694文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。