[PR]

 元徴用工らへの賠償を命じる韓国大法院(最高裁)の判決を受け、河野太郎外相は29日、「日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもので、極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」との談話を発表した。

 韓国政府が適切な措置を講じなかった場合、「国際裁判や対抗措置も含めあらゆる選択肢を視野に入れ毅然(きぜん)とした対応を講ずる」と表明。前回の判決を受けた談話で触れなかった「対抗措置」に言及した。河野氏は対抗措置の内容は明らかにしなかったが、記者団に「そのような事態になる前にきちんと是正されることを期待したい」と韓国政府に対応を求めた。(鬼原民幸)