[PR]

 日産自動車の会長職を解かれたカルロス・ゴーン容疑者は、「トップダウン」「剛腕」といった言葉で語られることが多い。ただ、「絶頂期」に取材を重ねた記者は、持論にこだわらず、臨機応変に戦略を転換する「柔軟さ」を幾度も目にしてきた。「人の話を本当によく聞く」とまわりに言わしめたゴーン前会長は、どんな経営者だったのか。

 新車の発表会に派手な演出はつきものとはいえ、14年前に日産自動車が開いた発表会はとりわけ異彩を放っていた。

 会場は都心のホテルやイベント施設ではなく、海に突き出た横浜港大さん橋の併設ホール。そこで新型6車種を同時に初披露したのだ。

 この2カ月ほど前に打ち出した東京・銀座から横浜への本社移転計画と、経営難を乗りこえて活気が戻ったメーカーの姿。その両方を強烈にアピールしてみせた。2004年9月2日のことである。

 異例の発表会が始まる直前、会場内の一室で、私は22日に日産の会長職を解かれたカルロス・ゴーン容疑者と向き合っていた。先輩記者につれられ、初めて得たインタビューの機会だった。

 当時の私は、地方勤務を経て東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら