[PR]

 横浜市神奈川区の大口病院で2016年、高齢の入院患者が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は、3人に対する殺人容疑で逮捕していた病院の当時の看護師久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)=鑑定留置中=を、別の男性患者に対する同容疑で30日にも追送検する方針を固めた。投与が予定されている点滴に消毒液を混入させたとする殺人予備の疑いでも追送検する。捜査関係者への取材でわかった。

 殺人容疑の被害者は4人目となる。捜査関係者によると、久保木容疑者は16年9月13~18日、院内で点滴に消毒液を混入させ、投与を受けた無職中島秋人さん(当時89)=横浜市鶴見区=を殺害。さらに同18~19日、点滴6本に消毒液を混ぜ、殺人の準備をした疑いが持たれている。

 久保木容疑者は調べに、中島さんの点滴に消毒液を混入したことは否定し、「(中島さんとは)別の患者の点滴に混ぜた」と供述。この患者が亡くなったため、結果的に消毒液入りの点滴液が中島さんに投与されたとみられるという。今後検察が刑事処分について慎重に判断する。

 久保木容疑者は、男性2人(いずれも当時88)と女性(当時78)の計3人を殺害したとして7~8月にそれぞれ逮捕され、9月から3カ月の予定で精神鑑定が行われている。これまでの調べに、3人に対する殺人容疑を認め、「容体の悪い亡くなりそうな患者を選んだ。自分の勤務中に亡くなると、家族に納得してもらえるか説明が不安だった」と説明しているという。(神宮司実玲、伊藤和也)