[PR]

 台湾統一地方選で与党民進党は野党国民党に惨敗した。20年間民進党市政が続いた高雄市でも大敗し、「牙城(がじょう)が崩れた」との声も上がった。

 だがそもそも高雄は国民党が揺るがぬ支持を集めた「鉄票区」だった。

 共産党との内戦で大陸から敗走した国民党の軍人とその家族(眷族(けんぞく))のため、台湾各地では急ごしらえで居住区ができた。眷村(けんそん)と呼ばれる。軍の拠点だった高雄にも数多くあり、住民は選挙のたびに国民党に忠誠を尽くした。

 だが高齢化と住宅の老朽化で、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース