【動画】電動バイク「BIZMOⅡ」の燃費性能は、一般的な原付きバイクの約8倍という=藤牧幸一撮影
[PR]

 「電動バイクで世界を変える」。そんな企業理念を掲げるツバメ・イータイム(山口県岩国市)の創業は4年前。ガソリン燃料に比べて経済性に優れ、環境に優しい電動バイクは海外で人気となっている。災害発生時には、携帯電話の充電が可能な付属製品の販売もしており、国内の自治体などでも導入が進み始めている。

 国内向け主力商品、業務用電動バイク「BIZMO(ビズモ)Ⅱ」に試乗させてもらった。一般的な原付きバイクのようなアイドリング時の音がしない。加速のスピードが速く、振動も少ない。ブレーキを踏んでも騒音がほとんど出ない。「満足するものが出来た」と、同社の小野哲也取締役(44)が胸を張った。

 まだ夜が明けないうちにバイクで街を走行する新聞配達や、住宅街での通勤など出来るだけ音を出したくない場面で、特に電動バイクは活躍するという。

 「静か過ぎる」ことから、安全…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら