[PR]

 愛知県豊田市は30日、市内全75小学校のエアコンの設置について、当初の計画より最大2年半早め、来年6月末までに終える計画を発表した。校外学習に参加した市立小学1年の男子児童(6)が7月に熱射病で死亡したことを受け、前倒しで設置できるよう調整していた。

 市学校づくり推進課によると、来年1月末までに設計を終え、3月定例市議会の後、一斉に着工。土日祝日を中心に、大型連休期間中も工事を進める。6月末には終え、75校の計1513教室(普通教室は1079)で7月から稼働できる見通し。

 小学校のエアコン設置をめぐり、市は当初、2019年度に設計、20、21年度に分けて設置する計画だった。だが7月の男児死亡を受け、補正予算案を組み、大幅な前倒しを図った。

 中学の28校(737教室)に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら