[PR]

 安倍晋三首相とマクロン仏大統領が12月1日未明(日本時間)に面会した。日産自動車、仏ルノー、三菱自動車の提携が議題とみられる。日産前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕に端を発する日産とルノーの提携関係の見直しをめぐるせめぎ合いは、日仏首脳を巻き込む国際問題になりつつある。

 アルゼンチンのブエノスアイレスで30日~12月1日に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて両首脳が面会した。ゴーン前会長の逮捕以降、両国首脳が初めて意見交換する場となった。

 日産三菱・ルノーの3社連合は29日、各社のトップによる会談を開き、ゴーン前会長に過度に権限が集中していた指導体制を改め、今後はトップによる合議で3社連合を運営していくことを確認した。表向きは3社の協力関係の維持を強調した形だが、3社連合の主導権を維持したいルノーに対し、日産社内にはその支配力を弱めたいとの意向がくすぶる。両社の資本関係の見直しをめぐる水面下の攻防は激しさを増している。

 ルノーに15%を出資する筆頭株主の仏政府は、ルノーを通じて日産への影響力を強め、自国の経済の好転につなげたい考えだ。ルメール仏経済相が「3社連合のガバナンス(企業統治)は変えないことで世耕弘成経済産業相と合意している」と発言すれば、世耕氏は「日産のガバナンスに関して他国と約束したことは全くない」と応酬。ルノー・仏政府と日産の思惑のずれはむしろ大きくなりつつある。

 日本政府はG20期間中の首脳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら