[PR]

 JR九州は30日、ICカードを利用した乗客の一部から誤って運賃を取りすぎていたと発表した。対象となる乗客は58人で、取り過ぎた金額は計6990円になるという。

 対象は11月29日の始発から午後7時50分ごろまでの間に①JR筑肥線から福岡市営地下鉄を経由し、博多駅でJRの路線に乗り換えた②折尾駅でJR鹿児島線と筑豊線の間を乗り換えた乗客。自動改札のシステム改修の際、料金設定を間違えたのが原因とみられる。

 運賃を取りすぎた乗客には、ICカードを確認のうえ、駅員がいる駅で返金する。問い合わせは案内センター(050・3786・1717)へ。