[PR]

 望む医療やケアを最期まで受けられるように、家族や主治医と繰り返し話し合っておく取り組みについて厚生労働省は30日、愛称を、「人生会議」とすると発表した。「いいみとり」の語呂に合わせ、11月30日を「人生会議の日」に決め、人生の最終段階の医療やケアを考える日として広報していく。

 8月から公募し、1073件の中から聖隷浜松病院看護師の須藤麻友さん(29)の「人生会議」を選んだ。タレントの小籔千豊さんや放送作家の小山薫堂さんらが選定委員会を務めた。座長の元NHKアナウンサー内多勝康さんは「うちもそろそろ人生会議をやろうよ、という日常会話になることを期待しています」

 小山さんは「家族とともに、残りの人生をどう豊かに過ごすか話し、ごく自然に『最期はこういう風に迎えたい』となっていく。そんな可能性を秘めた言葉だと感じた」と語った。

 取り組みは「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼ばれ、「患者の意思決定支援計画」などと訳されてきた。本人の希望に沿った医療やケアを選べる有効な手段として、厚労省が普及させようとしてきたが、知名度が低く、「名称がわかりにくい」などの課題があった。(阿部彰芳)