[PR]

 料理人として店を構えようとしていた4年前、アルツハイマー病と診断された長崎県佐世保市の福田人志さん(56)。泥沼のような絶望から抜け出したきっかけは、そばで支えてくれた女性が、涙とともに叫んだ一言でした。

認知症とともに 本人の思い:9
認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、原則月1回配信しています。

 〈55歳で料理店を開くという夢。共同経営者で女将(おかみ)になるはずだったのは中倉美智子さん(64)。20年以上暮らす下宿の大家さんで、家族同様の関係だ。2人で器選びなどを進めていた矢先、体調に異変があった〉

 料理人として味覚には自信がありました。ところが病気になって、その味覚がおかしくなり、味つけがわからなくなった。診断後は、準備したレシピも器も意味のないゴミになった気がしました。人生の道が途切れ、がけから落ちた気持ちでした。収入もない、誰の役にも立たない、「ない、ない、ない」と思い詰めた。主治医に「狂いそうだから精神科に入院させてください」と自分で訴えたこともありました。

 〈ソファから身動きもできない、自暴自棄の日々。会話はろれつがまわらず、入浴の仕方もわからなくなった。気に障ると物を投げつけ、大声で叫んだ。ある日、「死なせて」と繰り返す福田さんを中倉さんが怒鳴りつけた〉

 泣きながら言われた「命はね、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら