[PR]

 米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルは11月30日、最大約5億人分の顧客情報が盗まれた模様だと発表した。住所や電話番号、パスポート番号、生年月日や宿泊日などが流出し、一部の顧客はクレジットカード情報も盗まれたという。カード情報は暗号化されているが、暗号解除に必要な情報が漏れたかどうかは不明としている。

 マリオットが2016年に買収した同業大手スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイドの予約データベースが14年以降、不正アクセスを受けた。今年9月10日までに予約した顧客に情報流出のおそれがあるという。スターウッドは「シェラトン」「ウェスティン」「ル・メリディアン」「W」などのホテルを世界各地で運営している。

 マリオットは捜査当局にも被害を報告した。アーン・ソレンソン最高経営責任者(CEO)は「非常に残念。顧客サポートのためにできることは何でもする」と述べた。(ロサンゼルス=江渕崇)