[PR]

 画家・詩人として知られる竹久夢二(1884~1934)の作品などを展示する夢二郷土美術館(岡山市中区浜2丁目)の分館「夢二生家・少年山荘」(瀬戸内市邑久町本庄)が改修工事のため1月7日から休館し、3月12日に新装開館する。名称も「夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘」と改める。同美術館が発表した。

 分館は夢二の生家を利用したもので、1970年に開館した。少年山荘は夢二生誕95年を記念して、本人が設計して東京に建てたアトリエ兼住居を復元し、79年に公開された。

 今回の改修では、生家のかやぶき屋根をふき替えるほか、両施設ともこれまで非公開だった部分を整備して展示室にし、展示面積を拡大。これまでは建物の見学が中心だったが、改修後は夢二の作品や生涯、デザイナーとしての側面を紹介する。現代美術家が夢二に触発されて制作した作品も展示する予定だ。

 また喫茶室を新設し、夢二をテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら