[PR]

 京都市東山区の八坂神社で31日夜、新年の無病息災を願って境内の火を持ち帰る年越し行事「をけら詣(まい)り」があった。

 午後7時、境内の3カ所にある灯籠(とうろう)でキク科の薬草オケラに火がつけられると、集まった参拝客は竹で編んだ「吉兆縄」に火を移した。

 授かった火を火種にしてつくった雑煮を食べると、1年を健康に過ごせるといわれる。大勢の人たちが縄をぐるぐる回して火が消えないようにしながら持ち帰った。(中山直樹)