[PR]

 製薬大手ノバルティスの高血圧治療薬「ディオバン」をめぐる論文不正事件で、薬事法(現・医薬品医療機器法)違反の罪に問われた同社元社員・白橋伸雄被告(67)について、東京高検は30日、一審・東京地裁に続いて無罪となった東京高裁判決を不服とし、最高裁に上告した。

 白橋被告は、ディオバンの効果を調べる京都府立医大の臨床研究に参加。狭心症や心不全を防ぐ効能が高くなるよう操作したデータを渡し、虚偽の論文を学術誌に掲載させて薬を広告したとして起訴された。一、二審とも、論文掲載は「研究報告」であり、広告には当たらないと判断した。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/