[PR]

 若手漫才の日本一決定戦「M―1グランプリ2018」の決勝が2日、東京・六本木のテレビ朝日で開かれ、「霜降り明星」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が優勝した。賞金は1千万円。

 ともに大阪府出身のせいやさん(26)と粗品(そしな)さん(25)が2013年に結成。4回目の挑戦で第14代王者に輝いた。

 大会最年少での優勝を決め、会見した粗品さんは「20代で優勝できて気持ちいい。2人で一生懸命やってきたことを認めてもらえた。相方とうれしさをかみしめたい」、せいやさんは「新しい若い力もおもろいんやぞというのをこれから見せていけたら。僕らの世代と言われるよう、次の世代をつくっていきたい」と話した。

 今年は結成15年以内のプロ、アマチュア計4640組がエントリー。予選を勝ち抜いた10組が決勝を戦った。(深松真司)