【動画】服部勇馬、日本勢14年ぶりの優勝 福岡国際マラソン
[PR]

 第72回福岡国際マラソン選手権大会(日本陸上競技連盟、朝日新聞社、テレビ朝日、九州朝日放送主催、マイナビ特別協賛)は2日、初出場の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2時間7分27秒で日本勢で14年ぶりとなる優勝を果たした。服部は2020年東京五輪の代表選考会で来年9月15日に開催するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権も獲得した。イエマネ・ツェガエ(33)=エチオピア=が2時間8分54秒で2位。3位はアマヌエル・メセル(27)=エリトリア=で2時間9分45秒。前日本記録保持者の設楽悠太(26)=ホンダ=は2時間10分25秒で4位、川内優輝(31)=埼玉県庁=は2時間12分3秒で10位だった。

 レースは、序盤から25キロごろまで1キロ約3分のペースで展開した。ペースメーカーが離れた30キロで先頭集団は外国選手2人と日本選手6人の計8人となり、32キロ過ぎで先頭集団は服部、ツェガエ、メセルの3人となり、36キロ過ぎで服部が抜け出した。

 服部は今大会が4回目のマラソン。東洋大の3、4年の時、箱根駅伝のエース区間2区で連続区間賞を獲得した。日本選手としては渡辺康幸(早大、現住友電工監督)以来20年ぶりの快挙だった。