[PR]

(2日、福岡国際マラソン)

 水分と糖質を補う2本の給水ボトルを交互に口にし、振り返ったらツェガエとメセルが離れていた。36キロ過ぎ。「スパートのイメージはなかったが、気づいたら後ろが離れていた。少しリズムを変えて勝負してみようと思った」。みるみる後続は離れる。14年ぶりとなる日本選手優勝のフィニッシュ。かぶっていたキャップを放り上げ、拳を握った。

 気温が20度を超える中での号砲は実に53年ぶり。発汗しやすい体質という服部の肌は序盤から光る。払拭(ふっしょく)されつつあったが、それでも不安は35キロ以降の失速だった。雲が出てきた35キロからの5キロを14分40秒、残りの2・195キロも6分35秒と出場選手最速でカバー。ともに大迫傑がシカゴで日本記録を出したときを上回った。4度目のマラソンで「最後の7キロをしっかり走れれば、おのずとタイムは出ると思っていた。練習の成果が出てうれしい」。

 7月の米コロラド州ボルダーでの日本陸連合宿でアジア大会優勝の井上大仁(MHPS)らに刺激を受けた。「彼らと比べるとまだまだ自分の取り組みは甘い」。月間走行距離は300キロアップの1000キロ超え。距離を踏むだけでなく、一定した走法を意識した。「ジョギングでもスピード練習でも、レースの時と同じ動き。ピッチを変えるだけでストライドは変えない」。「アクセルを踏まずに」1キロ3分ペースが余裕で体に浸透していった。

 ボルダー合宿で、服部の可能性からついたあだ名が「プリンス」。瀬古利彦リーダーは「勝てる時に勝つ。それが大事」と絶賛した。(堀川貴弘)