[PR]

 山形県米沢市の文化複合施設「ナセBA(なせば)」の入館者が2日、100万人に達した。2016年7月のオープンから約2年半での達成。現在、1日平均約1千人が利用していると言い、同施設は「心豊かで潤いのある生活の拠点として発展していきたい」としている。

 100万人目の入館者は、高畠町の小学6年、佐藤由衣さん(12)。「本の種類がたくさんある」のがうれしく、月に2回ほど来ているという。花束や図書券などの記念品を贈られ、「びっくりした。すごくうれしいです」と話した。

 施設には図書館と市民ギャラリーがある。図書館の蔵書は約32万5千点。この中には、米沢藩の藩校興譲館伝来の古典籍や古文書などが約4万点ある。

 これまでの利用者は図書館が約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら