[PR]

 子どもたちに野球の魅力に触れてもらう第1回山梨ベースボールフェスティバル(県高野連主催、朝日新聞社など共催)が2日、甲府市小瀬町の山日YBS球場で開かれた。就学前から高校生までの子どもや保護者、県高野連の指導者ら約千人が参加した。

 子どもたちは、芝生の上でボールを打ったり走ったりする野球ゲーム、県内高校の野球部監督らによる打撃や守備の指導、スピードガンを使った球速の測定などを思い思いに楽しんだ。

 甲斐市から親子3人で来場し、野球ゲームに参加した保坂柚葵(ゆずき)さん(7)=小1=は「ふだん野球をしていないけど、うまくボールが打てて、すごく楽しかった」と笑顔だった。(谷口哲雄)