[PR]

 栃木県高根沢町で2日、30年前に町内の小中学校の校庭に埋めたタイムカプセルの「開封式」があった。会場には約350人が集まり、当時の作文や似顔絵に笑顔を浮かべ、友人と思い出話に花を咲かせた。

 町が1988年12月、町制30周年を記念して各校にタイムカプセルを設置。当時の小中学生約3400人が30年後の自分へのメッセージなどを詰め込んだ。

 当時中1だった同町の坂部真さん(42)は、作文に「自分自身で未来は変わってくるものだと思う」と書いていた。坂部さんは「当時抱いていた未来への期待を感じる。いまは家庭ができて『未来』に行き着いた感じ。我が子のことで頭がいっぱいです」と笑って話した。

 宇都宮市の松田文香さん(41…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら