[PR]

 岩手県遠野市を舞台にした短編映画「オシラ鏡」が、イタリアで開かれている「第72回サレルノ国際映画祭」で短編映画部門の最高賞を受賞した。2日(現地時間1日)、監督の新井卓さん(40)から関係者に連絡が入った。

 映画は、遠野の民話「オシラサマ」を題材にしたセリフのない映像詩。昨年12月から4月まで撮影し、20分にまとめた。

 サレルノ市と遠野市は、「遠野物語」(村野鐵太郎監督)が映画祭でグランプリに輝いたことがきっかけで84年に姉妹都市になっている。