• アピタル

コンドームの達人、本音の性教育 「性」から「生」問う

有料会員記事

見市紀世子
[PR]

岩室紳也さん(医師・コンドームの達人)

 トレードマークはコンドーム柄のネクタイ。性感染症に詳しい泌尿器科医として、エイズの専門医として、年に100回、主に中高生に性教育の講演をする。周囲からは「コンドームの達人」と呼ばれる。インターネットでもコンドームの正しい着け方を発信し、動画再生回数は658万件を超える。

 11月初め、群馬県草津町立草津中学校。体育館に集まった約140人の席に分け入り、マイクを向けた。「恋人は女性がいい? 男性がいい?」「コンドームをしないでセックスをするのはどんな時?」――。脈絡のなさそうな質問が、進むにつれて「多様性」「つながり」「生きること」といったテーマにつながっていく。

 「僕だって、エイズなんて関係ないと思っていた。1本の電話をもらうまでは」。1990年代半ば、エイズ予防のイベントで知り合った医師から「診てもらいたい患者さんがいる」と頼まれた。日本人女性だった。夫から感染し、2人が亡くなった後に幼い子が残された。「これまで134人の患者さんを診てきて、そのうち127人がセックスで感染したんです」

 性の問題は、大人でもなかな…

この記事は有料会員記事です。残り2868文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら