[PR]

 栃木県内にある中小の食品会社9社が3日、新たな特産品を統一ブランドで商品化する「とちぎ食のブランド発掘協同組合――栃の味(み)プロジェクト」を創立。第一弾として、大谷石の石室(いしむろ)を活用した食品を製造販売すると発表した。

 組合に参加しているのは、宇都宮市、栃木市、大田原市などの食品製造、卸売業の会社。「県の豊かな自然環境の恵みを食を通じて世界へ発信していく」ことを理念に掲げたグループだ。最初の事業として、宇都宮市にある大谷石の採石場跡地や工場内に設けた石室で、食品を貯蔵したり熟成させたりすることなどで、付加価値を高める計画を立てた。

 この日、展示した商品は、豆腐…

この記事は有料会員記事です。残り261文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース