[PR]

 神戸地裁姫路支部(兵庫県姫路市)の50代の男性判事が、訴訟関係者のトラブルに割って入った際、1人に軽傷を負わせた疑いがあることが3日、捜査関係者への取材でわかった。兵庫県警は傷害と暴行の疑いで判事を書類送検する方針。

 捜査関係者によると判事は11月5日、自らが担当した民事訴訟の当事者同士が支部の敷地内で争っているのを目撃。敗訴した側の50代男性を突き飛ばし、弾みで男性と一緒にいた20代女性が転んだという。判事は調べに「仲裁しようとして思わず突き飛ばしてしまった」と話しているという。